高くなりがちな車検費用を抑える方法まとめ

車検はディーラーだけじゃない、色々ある

車検が高いとお嘆きの方、ディーラーに依頼していないでしょうか。ディーラーは指定車種を点検して完璧に直してくれる反面、費用は一番かかります。食事でいえばフルコースや満貫全席に該当します、そんな車検を依頼していれば高くなるのは当然ですね。もし貴方の乗っている車が特殊な作りや特別な機構を搭載していない場合は、ディーラー以外の車検を取り扱ってくれるところをお勧めします。主なところとしては車検専門フライチャンズ車検、民間整備工場車検、カー用品車検等があります。これらはディーラーよりも安価で車検を請け負ってくれますよ。

各車検のメリット・デメリットとは

前項で色々な車検の種類を紹介しましたが、各々の違いについて述べたいと思います。フランチャイズ車検は車検のみを専門に扱い、安く均一で明確な価格がウリで、車検を依頼する際はその店の設備と腕次第ですがフランチャイズを謳っているだけに、どの店でも一定水準を保っているのがポイントです。民間整備工場車検は指定工場と認証工場の2種類に分類されます。指定工場は車検の検査設備持っている為、ここに依頼すれば点検から車検まで全てこなしてくれるでしょう。認証工場は自社で点検した後車検場に持ち込み審査を受けます。こちらも費用は安い物の工場によって腕がピンキリな点がネックになります。またこなれた機種には強い物の最新車のコンピュータ系統には対応が難しいケースがあるようですね。カー用品車検は安く均一な点はフランチャイズ同様ですが、専門職ではないので難しい故障には対応できず品質は前者2つより一歩譲ります。

車検費用をできるだけ抑えたい時には

車検費用を抑えたい場合の究極手段といえばユーザー車検とその代行でしょう。全てを自分で用意して車検場に持って行って受ける必要が生じる物の、費用を数万円節約できるとあって人気があります。ディーラーの半額以下も珍しくありませんね。ただし車検を受ける陸運局が平日のみな為、社会人が行くには難しいデメリットがあります。これに救いの手を差し伸べるのがユーザー車検代行です。これは点検整備を行わない反面、代行手数料は一万円前後+法定費用でやってくれます。ユーザー車検を行いたいが平日休めない方にお勧めですね。

車検とは、国の安全基準の適合検査のことで、国が車の所有者に対して義務付けているものです。その際に自賠責保険も支払います。